Auge AccessWatcher for Lotus Notes


製品概要:Auge AccessWatcher for Lotus Notesとは?

Auge AccessWatcher for Lotus Notesは、
IBM Lotus Notes/Domino標準ログ機能では取得できない、
『Notes文書単位のユーザーアクセスログ』を、
手軽に且つ簡単な操作で取得するLotus Dominoアドオン製品です。
WEBアクセス/CLIENTアクセスともに取得可能です。



AccessWatcher の特長
1・詳細なログの取得 「いつ・誰が・どこの・何に・何をしたか」を詳細なアクセスログを取得。
2・ソフトウェア・ハードウェアは不要 専用ハードは必要なし!
ログの長期保管時に於けるストレージを用意するだけ!
3・管理DBによる容易な導入及び管理 初期インストールはウィザード形式により1Dominoサーバーあたり約30分でアクセスログ取得可能!
4・安定したログ取得 CSV出力の為、Dominoへの負荷が少なく安定性が高い!
ログ取得対象のDB数に制限は無し!
また、大量のログにも対応可能。
万が一のログロストに対応したシステムも搭載!
5・添付ファイルのアクセスログ取得 Notes文書に添付されたファイルが開かれた時のログも取得可能!
↑ 上記特長をクリックすると各特長の詳細を表示します。
AccessWatcher の性能は評価版でご確認ください⇒お問い合わせフォーム

アクセスログとセキュリティ、アクセスログと新たな運用管理

個人情報保護法や新会社法、日本版SOX法の適用開始など、企業の内部統制強化が法的に求められる今日、Auge AccessWatcher for Lotus Notesを利用したアクセスログの取得によりLotus Notes/Dominoのセキュリティを更に強固にすることが可能です。万が一、重要なビジネス情報が漏洩してしまった場合にも、漏洩情報と漏洩者、時間の特定と対処にアクセスログは非常に有効です。
アクセスログ収集の事実は企業のセキュリティへの取り組みの姿勢を表すとともに、ユーザーの一層の情報利用リテラシーの向上を促すことでしょう。



そして、アクセスログの取得はセキュリティ対策だけに止まりません。大量のログ検索や分析を可能にするログ統合管理製品との組み合わせで、ユーザーのLotus Notes/Dominoの利用状況を把握し、そこからNotesデータベースの棚卸しをすることも可能です。
アクセスログ(=ユーザーの利用状況)を起点としたLotus Notes/Dominoの運用管理は、これまでのシステム管理(=システムの正常稼働監視など)を目的とした運用管理では得られなかった新たな視点をLotus Notes/Dominoユーザーに提供します。


【連携製品紹介ページへ】

※IBM、Lotus、Lotus Notes、Notes、Lotus DominoはIBM Corporationの商標または登録商標です。